芸能事務所は【ブラック】なんでしょうか?~俳優岡田健史訴訟問題

岡田健史さんといえば、有村架純さん主演の「中学聖日記」で鮮烈なデビュー。

一気に人気若手俳優にかけあがった。


現在、玉木宏さん主演「桜の塔」に出演中。

その岡田さんが所属事務所と揉めているとメディア各社が報じている。




【FRIDAYより】

岡田さんが新人俳優賞を受賞した日本アカデミー賞授賞式が開催された3月19日からわずか数日後に、所属事務所の寮から突如、引っ越している。

以来、事務所送迎車の利用も拒否しているというのだ。


「岡田さんはデビューしてから1年半は給料ゼロ。今でも手取りは15万円ほどと、所属事務所とかなり厳しい契約を結んでいると報じられました。

自宅は社長の自宅すぐそばのマンション借り上げの寮で、ほぼ毎日社長から監視されているような環境に耐え難かった…と周囲には漏らしているようです。少額とはいえ、仕事帰りの駐車場代としても、事務所に頼らないという彼なりの意思表示かもしれませんね」(芸能プロ関係者)




以下は、女性自身の記事だ。



事務所社長のパワハラが報じられ、社員が次々と辞める状況に不信感を抱いた岡田さんは、退所を要求し裁判を起こした。

そんな岡田さんに「綾野剛」さんや「小栗旬」さんが手を差し伸べようとしているという。

綾野さんと岡田さんは『ドクター・デスの遺産』(2020年)で共演し、すっかり意気投合。年齢は一回り以上違うが、兄弟のような関係を築いている。

報道で岡田さんが置かれている状況を知った綾野さんは、すぐに連絡を取り、「今後も俳優を続けるために何ができるか、親身に相談に乗ったそうです」(芸能記者)とのこと。2人の親密な関係から、芸能界では「岡田さんの移籍」を噂する声が出始めている。

 綾野さんが所属するトライストーン・エンタテイメントは、小栗旬さんを筆頭に、田中圭さんや坂口健太郎さんなど、実力派俳優がずらりと揃う。

「岡田さんは今後の俳優生命を心配しています。トラブルを起こした俳優の独立や移籍は困難を極める。でも、トライストーンなら岡田さんの事務所とも関係が良好だし、受け皿となれる可能性がある。何より、小栗さんの存在が大きい」(前出・芸能記者)

 小栗さんは事務所の看板俳優であり、取締役を務める経営陣の1人でもある。

「もし、岡田さんを引き入れることになれば、小栗さんは率先して動くはずです。というのも、彼は昔から俳優の働き方改革を訴えてきたかたですから」(映画関係者)

 撮影現場で朝早くから夜遅くまで体を酷使するなど、労働環境は過酷といわれる俳優業界。だが、所属事務所との契約が理不尽だったとしても、問題提起したり団体交渉をすることは難しい。

「小栗さんは、早くから俳優の労働組合(ユニオン)を作りたいと語っていました。『自分が誰かに殺されるかもしれない、それぐらいの思いで闘わないと日本の芸能界は変わらない』と強い意志も示していましたね。そんな彼から見ると、岡田さんの状況は見過ごせないでしょうし、“おれが守ってやるから”という思いがあってもおかしくありません」(前出・映画関係者)

 事務所との契約に悩まされてきた岡田さんにとって、理解ある経営陣や先輩俳優の下で働くことは、願ってもないチャンスだろう。

「ただ、裁判は長引きそうです。両者間の合意が得られず、和解しそうにないからです。移籍話に進展があるとしても、もう少し先のことになるでしょう」(芸能記者)

 
 岡田さんの事務所に話を聞くと、「まだ係争中で結論が出ていないため、ほかの事務所に移籍するという話はありません」という返事だった。綾野と小栗が所属する事務所も「弊社は家族的な繋がりでやっている事務所なので、ほかの事務所さんが大事に育てた俳優を途中で引き抜くようなことはしません。その体力があるならば、まだ芽が出ていない弊社の俳優の育成に力をいれます。岡田さんが移籍することはありえません」と強く否定した。(女性自身より)



「芸能事務所」などは契約期間がトラブルになるようです。

一般でも、従業員の「契約」は存在しますがすぐに辞めたければ辞めることができます。

だけど、「芸能界」は、その契約期間に仕事が入るため契約満了までは自由に辞めることができないようです。

売れっ子であれば数年先の仕事も入りますからね。

上記の記事にも「移籍」の話がありますが、なかなか難しいようです。

「ほかの事務所さんが大事に育てた俳優を途中で引き抜くようなことはしません。その体力があるならば、まだ芽が出ていない弊社の俳優の育成に力をいれます。岡田さんが移籍することはありえません」と強く否定した。(女性自身より)


つまり、移籍はさせません。との所属事務所の牽制のように聞こえます。

そのような状況下で無理に移籍をすれば、仕事には支障がでます。

やはり、円満解決には契約期間満了を待つよりないのだろうか?

これが【芸能界】の闇に思えます。

最近、独立する芸能人が増えてきてます❗

芸能界の契約期間についてはせめて2年程度にするなどの働き方改革が必要なのではないでしょうか。

【PR:退職で悩んでいるならこちら




この記事へのコメント