伊藤健太郎さんの逮捕について(2)【3/25更新】

【3/25更新】伊藤さんと被害者の間で示談が成立していて、東京地検はきょう伊藤さんを不起訴処分としました。

伊藤さんは警視庁の調べに対し、「気が動転していた」などと容疑を認めていました。

今後についてFRIDAYの取材に、「いまはとても考えることはできません。ただ、いつかまた役者として表現できたら……」(FRIDAYより)

まだまだ若いのですから、人生を俳優をやり直して欲しいものです。

伊藤健太郎さんについて→こちら


昨日の伊藤健太郎さんの逮捕にびっくりしましたが、なぜか「容疑者」と呼ぶのに抵抗を感じてしまう自分たちがいます。
もちろん、事故を起こしてそのまま走り去ったのは非難されるべきだし、法律的にも裁かれるべきでそこに異論はありません。

ただどうしても明らかにこの件に絡めた一斉にバッシングするこのような記事には違和感を覚えてしまいます。


なぜなら今現在本人に反論することができない状態なのにこの件とは関係ないことで一斉に叩く。

そんな世の中がこわいですね。

事故は誰でも起こす可能性はある。問題はその後どうするか?です。

伊藤健太郎さんも「気が動転した」「パニックになった」そこまでは理解できます。問題はその後の対応です。

今回、タクシーの運転手さんが追いかけて諭し事故現場まで戻してくれたことに感謝するべきです。

「ひき逃げ」はまねがれないまでも量刑には影響をおよぼすようです。

違約金とかたくさんの方々に迷惑をかけてしまい大変でしょうが猛省して帰って来て欲しいです。

自分自身も運転するので事故を起こし場合まずどうするか?その際の対応は整理しておかないと。

もちろん、事故を起こさない運転=安全運転を常に心がける❗








この記事へのコメント