今イチオシのジャニーズ曲はSEXYZONE「夏のハイドレンジア」

こんなニュースを見た❗



sexyzoneの中島健人が小芝風花とダブル主演を務めるフジテレビ系ドラマ『彼女はキレイだった』の主題歌で、

秦 基博が作詞・作曲を担当した「夏のハイドレンジア」は、初週259,361枚を売り上げて、シングルとCD読み取り回数のルックアップで1位となって2冠を獲得した。

他指標ではラジオ10位、Twitter 4位、動画再生18位と、前述のフィジカル2指標が牽引して総合首位に。

前作「LET'S MUSIC」の初週売上は176,844枚で、今作はそれを8万枚超も売り上げる大きな伸びをみせている。



【同時購入特典】夏のハイドレンジア (初回盤A+初回盤B+通常盤セット)(視聴用シリアルコード+A4サイズオリジナルクリアファイル2枚セット) [ Sexy Zone ]

価格:4,149円
(2021/8/18 21:37時点)
感想(36件)




最近は、CD不況と呼ばれるくらい曲が売れない。

デビュー10周年のSexyZoneも正念場を迎えているのかもしれない。

「SixTones」や「SnowMan」そしてもうすぐデビューの「なにわ男子」など若手が台頭してきている。

最近、同じくデビュー10周年のKis-My-Ft2のベストアルバムを購入した。

その記事はこちら

Kis-My-Ft2のアルバム購入のきっかけになったのがメンバー玉森裕太さん出演ドラマ主題歌が良い曲だと思ったことがきっかけだった。

今回のSexyZoneの「夏のハイドレンジア」にも心引かれるものがある。

甘く切ない香りがデビュー10周年で培った実力だと思う。

この感じは若手には出せない味のような気がする。

ジャニーズだからとかではなく、良い楽曲は評価されて当たり前だと思う❗







この記事へのコメント