疲れ目・セルフケア





昔に比べると、パソコンやスマホを使う頻度が多なっています。

特にスマホによる目のダメージは現代病の代表格といえるのではないでしょうか? 

 では、疲れ目の対処・予防法をご紹介させていただきます。 

 ・対処方法


目の周りのマッサージが効果的です。

あまり力を入れすぎると眼球をいためてしまいますので注意して下さい。

 ①まず左右両方目尻の少し上のくぼみを人差し指で目の外側に向かって円を書くように10回程ゆっくりと回します。

 ②鼻のつけねを親指と人差し指でつまむように持ち上に4~5回ゆっくりと引き上げます。

 ③こめかみを人差し指で10回程やさしく押し回す。

 ④下瞼から1㎝程下を人差し指でやさしく10回程押し回します。



 最近、蒸気で目を温めるアイマスクなんかありますので定期的に使用してみましょう。血流を良くする効果が期待できます。(適度な温かさのホットタオルの使用も効果的です。)




 あとは、自分にあった目薬をさして5分程目を閉じて光を遮断することで目を休めてあげましょう。用途をまもって使用しましょう。 

 ・予防法



①一点を長く見つめることが目の疲れの原因となりますので、30分毎に5m先を見て目を休めてあげましょう。

 ②メガネを使用している方は度数が合っているのか定期的に確認しましょう。

 ③目に良いとされる緑黄色野菜等の食べ物にも気を使ってみましょう。

 ・まとめ 



ゲームやSNSの普及でスマホやパソコンの利用

が当たり前になっています。目は人生を共にしていく大事なパートナーです。今一度、自分の生活習慣を見直してみることも大切です。

メンタルヘルスについて書かせて頂いています。こちら

この記事へのコメント